04月
22

スポンサーサイト

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

一定期間更新がないため広告を表示しています


02月
10

明日へのチケット:映画

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

明日へのチケット

今回紹介する映画は、エルマンノ・オルミやイランのアッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの監督3人が共同監督を務めたオムニバス作品の『明日へのチケット』です。

明日へのチケット:ストーリー

明日へのチケット:映画

インスブルック駅。一人の老教授がローマ行きの列車に乗り込む。

満席で食堂車のイスに座る教授は、現地で便宜を図ってくれた女性秘書に想いを馳せる。

彼女へのメールを書きかけた彼の前に、将校が座った。

通路には席が取れなかったアルバニア移民の家族がいた。将校がその赤ん坊のミルクを蹴散らかした後、教授はある行動をとる…。

翌朝、イタリアの駅で太った中年女性が若い青年を連れて列車に乗り込んでくる。

傲慢な女性の態度に、青年は嫌気がさしてくる…。

一方、列車にはスコットランドからローマへサッカーの試合を見にやってきた3人の青年がいた。

監督3人それぞれの作品が重なって、相乗効果で味わいがある作品になっていると思います。

いつのまにか、作品に引き込まれて、気が付けばすべて観終わっていたというぐらい完成度が高いので、みなさんにオススメできる作品です。


オススメ度★★★★

CoRichブログランキング


04月
22

スポンサーサイト

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました



この記事に対するコメント

コメントする

この記事に対するトラックバック

    この記事のトラックバックURL

    *送信していただいたトラックバックは、承認してから表示いたします。

    NEW ENTRIES

    CATEGORIES

    RECENT COMMENT

    RECENT TRACKBACK

    ARCHIVES

    LINKS

    SEARCH THE BLOG