04月
22

スポンサーサイト

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

一定期間更新がないため広告を表示しています


02月
18

夜よ、こんにちは:映画

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

夜よ、こんにちは

今回紹介する映画は、イタリア映画『夜よ、こんにちは』です。

夜よ、こんにちは:ストーリー

1977年の暮れ。

アパートの下見に、若き女性キアラが訪れていた。

ごく普通の女性にしか見えない彼女は、実は極左武装集団「赤い旅団」の一員なのだ。

1978年、3月16日。テレビニュースがモロ元首相の誘拐を伝える。

キアラの任務はモロ元首相を部屋に監禁することだった。

図書館に勤務するキアラは、同僚の男性と親しくなる。

しかし彼は旅団を殺人者だと言い放つ。そして彼女は、ある頃からモロが自由に歩き回る夢を見るようになる..

本文の続きを読む


02月
12

セプテンバー11:映画

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

セプテンバー11

今回紹介する映画は、11品の監督の作品が収録され、2002年に制作されたオムニバス作品の『セプテンバー11』です。

セプテンバー11:とは

セプテンバー11:映画

2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件をテーマに、11人の映画監督がそれぞれの"9月11日"を「11分9秒01」の長さの短編映画に込めた作品。

参加した監督は、サミラ・マフマルバフ、クロード・ルルーシュ、ユーセフ・シャヒーン、ダニス・タノヴィッチ、イドリッサ・ウエドラオゴ、ケン・ローチ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、アモス・ギタイ、ミーラー・ナーイル、ショーン・ペン今村昌平と超豪華

また2002年の第59回ヴェネチア国際映画祭で最優秀短編賞(ケン・ローチ)とユネスコ賞を受賞した作品です。

本文の続きを読む


02月
10

明日へのチケット:映画

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

明日へのチケット

今回紹介する映画は、エルマンノ・オルミやイランのアッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの監督3人が共同監督を務めたオムニバス作品の『明日へのチケット』です。

明日へのチケット:ストーリー

明日へのチケット:映画

インスブルック駅。一人の老教授がローマ行きの列車に乗り込む。

満席で食堂車のイスに座る教授は、現地で便宜を図ってくれた女性秘書に想いを馳せる。

彼女へのメールを書きかけた彼の前に、将校が座った。

通路には席が取れなかったアルバニア移民の家族がいた。将校がその赤ん坊のミルクを蹴散らかした後、教授はある行動をとる…。

翌朝、イタリアの駅で太った中年女性が若い青年を連れて列車に乗り込んでくる。

傲慢な女性の態度に、青年は嫌気がさしてくる…。

一方、列車にはスコットランドからローマへサッカーの試合を見にやってきた3人の青年がいた。

本文の続きを読む


07月
19

パリ、ジュテーム:映画

この記事にコメント( 0 ),トラバを( 0 )いただきました

パリ、ジュテーム

今回紹介する映画は、素晴らしい監督・キャストが揃ったフランスを舞台にした珠玉のオムニバス作品の『パリ、ジュテーム』です。

パリ、ジュテーム:ストーリー

パリ、ジュテーム@映画

街の印刷所に英国の女性客が通訳のガスパールと共にやってくる。

店主と女性客が奥に行っている間、残されたガスパールは、下働きの青年エリに一瞬で興味をひかれる。

(マレ地区)男には、交際1年半になる客室乗務員の愛人がいる。今日、妻を愛していないことに初めて気づいたレストランで、男は妻に別れ話を切り出すつもりだった…。

(バスティーユ)ネオンまたたく歓楽街ピガール。のぞき部屋にやって来たボブの個室に、さっき一杯ひっかけるために寄ったバーで短い会話を交わした女性が現れる。

(ピガール)デンヴァーで郵便配達するキャロルの、パリでの“特別な1日”の物語。

(14区)ほか14編

本文の続きを読む


NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

LINKS

SEARCH THE BLOG